編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

『人は聞き方が9割』(すばる舎)の読書感想文

永松茂久(著)、2022年12月出版/1540円/四六判/1色刷り/表紙カバーあり/

本文14Q/240頁/右開き/文字は縦組み/1ページ37文字×13行

柱:章タイトル:左ページノンブル横

 

<出版社>

www.subarusya.jp

 

Amazon

 

『人は話し方が9割』がベストセラーと聞き、書店に行きますと…。

姉妹書として、本書がありました。

仕事柄、聞く方が重要かと思い、先に、こちらを読むことにしました。

 

<目次>

 

1.受け身でいいのだ

人と会ったら「沈黙はダメだ」と、一生懸命話す人も多いでしょう。

私もその一人。

会話の後、気疲れをしたり、思い悩んだりすることも多かったです。

 

本書では、そんな悩みを吹き飛ばしてくれます。

そう、受け身=聞き手になれば良いとのこと。

また、聞き上手は、世の中になかなかいないそうで、かなり貴重な存在なんだそうです。

そして、意外にも、話の主導権を握っているのは、実は聞き手だと言います。

 

聞き手にまわるメリットとして

・語彙力が少なくてすむ

・聞くことは読書と同じ

・人の感情が読めるようになる

・相手を不快にさせるリスクが減る

・聞くことで自分の盲点が見えてくる

・沈黙をおそれなくてすむ

・勝手に人の評価が上がる

と伝えています。

良いことばかりですね。

 

最後に、私に突き刺さった言葉はコチラ。

柔道や茶道、合気道…。

日本には「道」がつく学びごとが数多くあります。

そして、そのほとんどの「道」の始まりは、まず「受け身」から始まる、という特性を持っています。

妙に納得しました。

 

2.オンラインこそ聞き方が9割!?

コロナ禍で、オンライン会議が増えました。

本書には、嫌われない聞き方が載っていましたが、オンライン会議こそ気を付けたいなと思いました。

 

なお、嫌われない聞き方はコチラ。

違う意見の人を否定しない

自分の常識を押しつけない

話す相手と競わない

結論を焦らない

答えや解決策をはじめから言わない

さえぎらない、話を変えない

心を折るツッコミはしない

干渉しすぎない

「ここだけの話」は絶対、人に言わない

 

3.デザイン備忘録

1ページの文字量も少なく、余白の多い紙面です。

でも、それが気持ちに余裕を持たせてくれているようで、良かったです。

 

また、ところどころに1ページのまとめイラストがあります。

大事なことがしっかり伝わり、見返したときも、すぐに目に止まるので良いですね。

 

<メモ書き>

ブックデザイン:tobufune

DTP: システムタンク

イラスト:久保久男

図版:朝日メディアインターナショナル