編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

誰かに言いたくなる!?『すばらしい人体』(ダイヤモンド社)の読書感想文

山本健人(著)

2021年8月出版/1870円(税込み)/四六判/1色刷り/表紙カバーあり/

本文14Q/376頁/右開き/文字は縦組み/1ページ41文字×16行

柱:章タイトル:左ページ上

 

<出版社>

www.diamond.co.jp

 

Amazon

 

よく売れていると聞き、手に取りました。

 

久しぶりに、知的好奇心をくすぐられる良書に出合った気分です。

内容は、誰かに話したくなるような話ばかりでした。

NHKの『チコちゃんに叱られる』の番組のように、知らなかったと唸る話ばかりでしたよ!)

すごく、すごーく勉強になりました。

 

<目次>

 

1.本書の構成

著者は、現役バリバリの外科医の先生です。

また、本文の最後に提示している参考文献の量も多いです。

著者の経験に加え、しっかりと裏付けのある骨太の書籍に仕上がっていますね。

 

内容は

第1章 人体はよくできている

第2章 人はなぜ病気になるのか?

第3章 大発見の医学史

第4章 あなたの知らない健康の常識

第5章 教養としての現代医療

読書案内

参考文献(8ページも)

と、展開しています。

 

2.ヘルスリテラシーの一助になる

最近、「ヘルスリテラシー」という言葉をよく聞きます。

また、コロナ禍で「ヘルスリテラシー」の重要性が高まってきているように思います。

 

なお、ヘルスリテラシーとは

一般に健康に関連する情報を探し出し、理解して、意思決定に活用し、適切な健康行動につなげる能力のことをいいます(日本ヘルスリテラシー学会のHPより)

 

本書では、

体温や血液型、便が茶色い理由など身近な話、

がんやアレルギー、糖尿病などの疾病の話、

全身麻酔やパルスオキシメーターなどの少し突っ込んだ医療の話

など、幅広い内容です。

 

特に、第3章の医学史は、感動すら覚えました。

いろいろな方の発見や研究の上で、今があるのだなと痛感します。

 

本書をきっかけに、自分自身のヘルスリテラシーを高めていきたいなと思いました。

 

3.デザインのココがステキ

まずは、用紙。

扉が、透け感のある用紙でした。ステキですね。

一度、使ってみたいです。

 

次に、イラスト。

古い医学書に出てきそうなタッチで、本書にぴったりだなと感じました。

装画・本文イラストは、竹田嘉文氏とのこと。

http://www.takedayoshifumi.com/

 

最後に、読書案内と参考文献。

この部分だけ、紙面の色が異なっていました。

アクセントになって良いですね。