編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

お得感あり!?『「話し方のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』(日経BP)の読書感想文

藤吉 豊、小川 真理子(著) 

2021年11月出版/1650円/四六判/2色刷り/表紙カバーあり/

本文14Q/224頁/左開き/文字は横組み/1ページ29文字×26行

柱:Partタイトル:右ページの右上

 

<出版社>

www.nikkeibp.co.jp

 

Amazon

 

前作の『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』が良かったので、続きの本書を手にとりました。

 

<前作の読書感想文はコチラ>

editorbookreview.hatenablog.com

 

本書も、前作と同様、良い書籍でした。

では、今回は、本書に感じたお得感を紹介します。

 

<目次>

 

1.お得感1:100冊に触れた気になれる

本書は、編集者である著者2人が、話し方に関するベストセラーの書籍を100冊読み込み、そして頻出の内容や言葉を洗い出し、ランキング形式で紹介しています。

 

引用されている言葉に、読んだ本もちらほらあり、うれしくなりました。

また、知らない本との出合いも、うれしいですね。

それに読後、私も100冊の書籍に触れた気分になりました。

 

2.お得感2:実践的な内容

「『話し方のベストセラー100冊』のポイントを場面別に活かしてみた」という付録が最後についています。

 

ここでは、本書で紹介してきたポイントを実社会に落とし込んでいます。

例えば、

・初対面や付き合いの浅い人と会って話す、雑談する

・1対1で説得する、交渉する

・複数の人に対してプレゼンやスピーチをする

といったテーマで、どのポイントが使えるか指し示しています。

読後、これは使えるなと感じました。

 

特に、私が気に入ったのは「オンライン・電話で話す」の項目。

最近、テレワークで、ほぼオンラインで仕事をしています。

慣れないうちは、いろいろな失敗もありました。

また、今もどれが正解なのか、よくわからないままです。

 

本書では「オンライン・電話で話す」ポイントとして、以下が挙がっていました。

・話し方にメリハリをつける

・相手の目を見る

・話しは「短い」ほうがいい

・相手の話をさえぎらない

・電話は「笑顔」で応対する

 

たしかに、相手の話とかぶることがあるな・・・。

このポイントを意識して気をつけていこうと思いました。

 

3.編集者が本を出すなら

編集者としてよく感じるのが、著者の特色が出ていると本は売れる、ということです。

そのため、私は著者の特色を引き出すことに力を注いでいます。

 

今回、本書より、編集者の特色に気がつきました。

また、編集者が本を出版するとなら、こういう切り口・企画だと編集者の特色が出ますね。

勉強になりました。