編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

『文系AI人材になる: 統計・プログラム知識は不要』(東洋経済新報社)の読書感想文

野口竜司(著) 

2019年12月出版/1760円/四六判/1色刷り/表紙カバーあり/

本文14Q/344頁/右開き/文字は縦組み/1ページ42文字×16行

柱:章タイトル:左ページ、ノンブル上

 

<出版社>

str.toyokeizai.net

 

Amazon

 

帯に「AIはExcelくらい誰もが使うツールへ」というフレーズが載っていました。

「本当に!?」ということで引きつけられて、手にとりました。

 

<目次>

 

1.AIにビビっていた私

私は典型的な文系人間です。

しかし最近「この仕事はAIに取って代わられます」など、聞くことも増えてきました。

友人の中にはAIに事務作業を教えている人もおり、ひたひたと近づいてくるAIに少し不安を覚える日々でした。

 

2.読んだら、気が楽になった

本書では、作る側が理系、使う側が文系という観点で、話が進んでいます。

たしかに様々な家電でも、使い方は知っていますが、その作り方は知りません。

AIもこれと同じなんだと気づき、大変気が楽になりました。

 

また、文系の人は使う側として、どこにAIを導入したらより良くなるのか、企画すべきだと言っています。

そのため本書では、企画するために最低限必要なAIの知識を伝えています。

しかも専門用語を使わず、AIの仕組みやAIでどういうことができるのかを教えてくれるので、読みやすかったです。

 

そして、具体的な導入事例がたくさん載っていました。

それもあり、企画する立場のイメージがだんだんつかめてきました。

 

文系の私でも、AIと過ごしていけそうな気がした一冊です。

 

3.参考になった本書のデザイン

さて、最近、ブログで載せていなかったのですが、本書のデザインについてです。

勉強になったことを書き記します。

 

まずは、ノンブルの配置。

ノンブルが縦に配置されており、目を引きました。

f:id:editorbookreview:20220121210018j:plain

縦書きのノンブル

そして、その上に章タイトルが掲載され、セットで読めるようになっています。

これは良いアイデアだなと感じました。

ツメなどがないのに、検索しやすそうな感じが出ています。

 

次に、章の扉。

よくあるのが、左ページに1ページで作る形。

そのため、章が左ページで終わったときは、次のページは余白になります。

いつも、これがもったいないと思っていましたが、本書ではその余白も扉のデザインに組み込んでいました。

各章で1ページ扉だったり2ページ扉だったりしますが、意外と違和感がなかったです。

 

4.参考になった企画の切り口

大きな変化や大きな不安を解決するために、平たく伝える切り口は需要があるのだなと痛感しました。

今後の本づくりに活かしていきたいです。