編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

『資金300万円から家賃年収1000万円を生み出す極意 まずはアパート一棟、買いなさい!』(SB Creative)の読書感想文

石原 博光(著)

2016年2月出版/1650円/四六判/1色刷り/表紙カバーあり/

本文14Q/296頁/右開き/文字は縦組み/1ページ40文字×16行/

柱:章タイトルだけ、左ページ、上側

 

<出版社>

www.sbcr.jp

 

Amazon

 

企画の勉強のため、不動産関係で、大変売れていると聞く本書を、手にとりました。

 

<目次>

 

1.最新刊が・・・

ブログに書くために、出版社のHPなどを見ていますと、なんと本書の最新刊が2021年9月に出ていました(汗)。

 

私は、1つ前の版の本を手に取ってしまったようです(汗)。

ちょっと悲しくなりましたが、目次を見比べると、そんなに情報が変わっていないのかな?

 

以下、私が読んだ目次です。

序 章 なぜ不動産投資なのか?

第1章 地方の一棟アパートか都心の築古アパートを狙え!

第2章 買ってもいい物件、買ってはいけない物件

第3章 資産性が低くても、銀行から融資を引く秘訣

第4章 購入価格は自分で決める! 値切りの交渉術

第5章 物件管理はプロにお任せ! いい管理会社の選び方

第6章 大家さんの腕の見せどころ! リフォーム大作戦

第7章 入居者さん、いらっしゃい! 満室経営を生む極意

第8章 入居者が決まったら、いざリスクに負けない運用を!

ケーススタディ まずはアパート一棟、買いました!

 

2.不動産の全体像がわかる良書

さて、気持ちを切り替えて、本書の感想です。

 

本書は、投資だけでなく、自分が不動産を購入する際にも役立つ内容が載っていました。

 

例えば、良い物件の見つけ方や融資の取りつけ方、購入時の値切りなどは、マイホームで中古物件を買う場合、役立ちそうですね。

 

また、管理会社のことや、不動産を「稼動産」(稼動して資産を生み出す動産)ととらえる点などは、投資をするなら知っておくべき視点ですね。勉強になりました。

 

3.実体験がベースなので、わかりやすい

本書は、著者の体験をもとに、話が展開しています。

ブログを読んでいるかのようで、なんか親しみやすく、読みやすかったです。

難しそうなテーマは、このように実体験をもとに、話を進めると良いですね。

 

4.でも、やっぱり大変そう

定期的に家賃として入ってくる不動産投資は、不労所得としては魅力的ですが・・・。

やはり資金と労力もかかりそうです。