編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

ドラマの原作『ソロ活女子のススメ』(大和書房)の読書感想文

朝井麻由美(著) 

2019年3月出版/1540円/四六判/2色刷り/表紙カバーあり/

本文14Q/208頁/右開き/文字は縦組み/1ページ39文字×15行

柱:章タイトル:右ページ、ノンブル横

(ただし、ノンブルが本を綴じている側にあり)

 

<出版社>

www.daiwashobo.co.jp

 

Amazon

 

本書は、テレビ東京で、ドラマ化されていました。

www.tv-tokyo.co.jp

 

かなり気に入って、毎週楽しみに見ていました。

その原作だったので、手にとってみました。

 

<目次>

 

1.「恥ずかしい」は気の持ちよう

 

私自身、昔から、ソロ活をしていました。

本書にも書いていますが、やりたいことを思う存分に楽しめるのは、ソロ活の魅力です。

 

ただソロ活は、「恥ずかしい」という気持ちが芽生えるのも事実。

でも本書では、この「恥ずかしい」は気の持ちようということで、恥ずかしくならない気の持ちようも教えてくれます。

 

たとえば、飲食店にいるときは、「フードライターとして取材の一環で一人なのだ」と思うと良いそうです。

このような発想を知るのも、おもしろかったです。

 

2.ソロ活ができるテーマがわかる

 

4章は「オススメソロ活30選」として、ソロ活ができるテーマが載っています。

著者の体験とともに、難易度・孤独度の指標もあり、興味深いです。

 

私がやってみたいなと思ったのは、以下のソロ活。

 

ひとりプラネタリウム

ひとり盆栽

ひとりバー

ひとりオクトーバーフェスト

ひとりビアガーデン

 

気づけば、飲むことばかり(最近、外食していないので、欲しているのかな?)

 

ただ、ドラマを見ていた身として残念だったのが、「具体的に、どこで、それができるのか、書いていない」点です。

ドラマでは、撮影場所が最後に紹介されていましたので。

 

でも、全国販売の書籍では、そのような情報は入れられないですね。

そのような旬な情報は、インターネットか雑誌で探すとします。

 

3.ソロ活のサイト

 

本書の最後に、著者も執筆されているサイトの紹介がありました。

 

その名も「ソロ活」というサイト。

www.enjoytokyo.jp

 

主に東京のソロ活スポットが載っていました。

私は東京に住んでいないので、住んでいるエリアで、このようなサイトがないか調べると・・・。

意外と、まとまっているサイトはありませんね。

 

インスタグラムを見ても、「#ソロ活」も、そんなに出てきません。

 

そう思うと、ソロ活は、まだまだ市民権を得られていないのかなと感じました。

 

4.私の周りのソロ活の達人

 

余談ですが、最近、私の友人は、ソロ活として、ドラマや映画のエキストラをしています。

いろいろなソロ活があるんですね。

 

本書を読んで、私も一人であっても、興味があることなど、いろいろなことに、挑戦していきたいなと思いました。

 

また、本の企画としては、今後広がるかもしれない話題を、先駆者に書いてもらうのは良いですね。