編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

最速でコロナがわかる!?『カラーイラストで学ぶ 新型コロナウイルスの感染対策』(金芳堂)の読書感想文

下間正隆(著)

2021年5月出版/1980円(税込み)/B5変形判/カラー刷り/表紙カバーあり/

120頁/左開き/文字は横組み/

柱:右ページのノンブル横に、章タイトルだけ

 

<出版社>

www.kinpodo-pub.co.jp

※会社の書籍紹介の中で、立ち読みができました。

 

Amazon

 

新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりましたね。

身近な友人や親戚などが、コロナにかかったこともあり、身近に迫ってきているなという感じがしていました。

 

その中、両親がワクチン接種を終えました。

でも、ワクチン接種が進んだイギリスの様子をニュースで聞くと、まだまだ油断禁物のようです。

 

そこで、今一度、新型コロナウイルスを勉強しようと、本書を手にとりました。

 

<目次>

 

 

1.新型コロナウイルスを2~3時間でわかりたい方にお勧め

医学書ブースに置いてありましたが、イラスト・図が中心の書籍です。

まるで絵本のようですが、感染症専門の医師が執筆されているので、内容はしっかりしたものです。

また、医師自身が自ら絵を描いておられ、驚きです。 

 

コロナ関連の書籍で、一番早く、コロナの全貌を知ることができる本かなと思います。

 

2.本の内容

本の内容は、

第1章 新型コロナウイルスの基礎知識

第2章 絶対にコロナに感染しないための行動

第3章 病院内での感染対策

アドバンスト 手術室の感染対策 

です。

 

第1章は、コロナの寿命や感染パターンに応じた予防策、ワクチン接種、ウイルスの変異など、コロナの正体と向き合い方がよくわかります。

 

第2章は、マスクの違いや手指衛生、掃除の仕方が、参考になります。

 

第3章とアドバンストは、医療従事者向けですが、新型コロナ以外のウイルスの解説も載っていますので、大変勉強になります。

 

3.ワクチンを打っても安心しない

イギリスのことを思うと、ワクチンを打っても、感染対策は必要です。

本書によると、コロナは消毒液に弱いようです。

マナーやエチケットとして、しっかり感染対策をしていこうと思いました。

 

4.本づくりで参考になった点

・イラストや図解で解説したものはわかりやすい。

・正方形の本は、絵本っぽくでカワイイ仕上がり。