編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

『出版社のつくり方読本』(出版メディアパル)の読書感想文

岡部一郎、下村昭夫(著) 

2017年11月出版/1200円+税/A5判/1色刷り/表紙カバーあり/

本文14Q/128頁/左開き/文字は横組み/1ページ35文字×31行

柱:章タイトル・左上、節タイトル・右上

 

<出版社>

出版メディアパル - 出版社のつくり方読本

 

Amazon

 

「ひとり出版社」ってご存じですか?

以前、このブログでも紹介したのですが、もし、ひとり出版社をするなら、具体的にどうするのか気になり、本書を手にとりました。

 

editorbookreview.hatenablog.com

 

<目次>

 

1.やっぱり「ひとり出版社」は難しい

出版社を設立し、会社として機能していくには、1)会社設立、2)取次口座開設、3)本制作・出版、4)流通といった大きな流れをしっかり把握しておくべきです。

 

その中でハードルが高いのが、2)と4)になってきます。

 

取次口座開設が難しい理由と対処法

本書では、

「取次に口座開設が出来るかどうか」、これが出版社を立ち上げるための、一番の難関なのです。出版活動を行うのに、口座開設は絶対条件ではありませんが、すでに出版社は3400社以上もあり、「これ以上出版社は必要ない」と取口は考えている風潮がありますので、簡単に口座開設はしていません。

とあり、 なかなか、新規参入が難しいとのこと。

 

しかし、

日本には3400社以上の出版社がありますが、これは取次口座を自前で持っている出版社の数で、取次口座は持っていないが「出版活動はしているという企業や個人を含めれば、その数は9000社」を超えていると言われています。

実際、取次口座を持っていない出版社も数多くあるようです。

 

なお、その取次口座を持っていない出版社の対処法としては、下記のような口座を貸してくれる会社があるそうです。

出版業界の中には、口座貸しに特化した販売代行会社があります。よく知られているのは「星雲社」や「サンクチュアリ・パブリッシング」などです。

  

難しい流通の大きな力となる会社

本書では、「地方・小出版流通センター

http://neil.chips.jp/chihosho/

が紹介されていました。

 

ここは、

地方出版社や小出版社から出版物を仕入れ、大手取次会社の流通ルートに乗るための取次業務を行う頼もしい会社

で、

その業務内容は「書籍、雑誌の卸し」「小売り業務、広告代理業務」「書籍、雑誌の出版、発行及びその代理業務」「前各号に付帯する一切の業務」となっており、取引出版社の数は2017年8月現在1200社を超えています。

中小出版社の力になってくれそうですね。 

 

2.取次口座開設、流通のハードルを回避する方法

「ひとり出版社」をするためには、先ほどお伝えしたように、取次口座開設や流通がハードルとなりますが、取次口座がなくても出版はでき、また、流通は「地方・小出版流通センター」に相談すれば良いということがわかりました。

 

でも、これでも、まだまだ大変そうです。

今まで、企画・制作を主にしてきた私は、もう少し簡単な方法があれば良いのに…と思ってしまいます。

 

そこで、本書では、下記のような方法を提案されていました。

 

企画を売り込む

本書では、持込原稿について紹介されていました。

出版社には多くの持込原稿が送られてきます。(中略)本当に企画力に自信があるなら、「本をつくって販売する」よりも、「企画そのものを販売する」ほうが、はるかに効率がよい、という考え方があります。

 

たしかに、このコロナ禍で、私の出版社でも持込企画が多くなってきたように感じます。そのため、最近、持込企画対応の仕事もまわってきました。

私の出版社では、すべての持込企画に目を通し、検討を行っています。

その経験より採用・見送りとなる基準などもわかりますので、これなら、私にもできそうかなと思ったり…。

 

取次に依存しないで本を販売する 

本書には、取次に依存しないで本を販売する方法として

・直接書店に卸す

・直接読者に販売する

・特定の読者からの委託で本をつくる

・ネット販売で活路を拓く

・ネット配信は究極の電子出版

が紹介されていました。

 

最近、読んだ記事で、

news.ksb.co.jp

があります。

新型コロナの給付金10万円で、ひとり出版社を立ち上げ、ベストセラーを出版されたという記事です。

 

この出版社は、Amazonでの販売をメインでされているようです。

取次を介さないで、ベストセラーを出した良い例ですね。

 

3.本の構成

第1章 出版社のつくり方<基本編>

→会社設立、取次口座開設についての解説が載っています。

 

第2章 出版社のつくり方<応用編>

→取次口座開設、流通についての解説です。

 

第3章 初めての本づくり入門

→本制作・出版に関する内容です。著作権のこともしっかり説明しています!

 

付章 一人出版社 出版メディアパルの舞台裏

~本づくりの心と技を求めて“本の旅”~

→出版メディアパルの軌跡を知ることができます。

 

この1冊で「出版社をどう立ち上げて、どう展開していくか」が大変よくわかります。

 

個人的には、今、携わっていない取次のこと、流通のことがわかり、よかったです。

出版社を立ち上げなくても出版社に所属している以上、知っておいたほうがいい内容だと思います。

 

また、本づくりに慣れていない方も、おおまかな流れや基礎知識は得られますので、お勧めです(今度、新人さんにも読んでもらおうかな…)。