編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

『本の世界をめぐる冒険』(NHK出版)の読書感想文

ナカムラ クニオ(著) 

2020年6月出版/737円(税込み)/A5判/1色刷り、表紙カバーなし

112頁/右開き、文字は縦組み/1ページ37文字×15行

柱:章タイトル、左上真ん中

 

<出版社>

www.nhk-book.co.jp

 

 <Amazon

 

 

最近、様々なジャンルの歴史ものが人気です。

 

職業柄、本の歴史が学べるものはあるのかなと思っていたところ、

誰も教えてくれなかった、教養としての「本の世界史」

というキャッチフレーズを見かけ、思わず手に取って読んでみました。

 

値段がお手頃なのも良いですね。

 

<目次>

 

1.全体の構成

本書は、出版界の過去として、本の世界史・日本史、

現在として、日本や世界の本屋・図書館、

そして、これからの出版界の展望として、読書会などが紹介されていました。

 

最近、本が売れなくなったと言われていますが、それは紙媒体のこと。

電子書籍やインターネットの登場で、文字を読んだり触れたりする時間は増えていると言います。

 

著者の言うように、出版界は、

本は、人と情報をつなぐ情報伝達の手段

ととらえ、柔軟な姿勢が、今後、ますます必要になっていくように感じました。

 

2.興味深かった本の歴史

起源は、オーディオブック!?

本書によりますと、はるか昔は

語り部がいて、本は音で聴くもの。それが文字に起こされるようになった

そうです。

 

また、その文字を起こす先が、

粘土板、パピルス、羊皮紙、亀の甲羅や動物の骨、竹簡、木簡、紙と広がります。

これだけでも、本の発展が感じ取れますね。

 

写真集や画集・作品集の元祖とは

本阿弥光悦俵屋宗達たちが中心となって出版した豪華な書籍「嵯峨本」

これが、元祖のようです。

なお、嵯峨本は、京都嵯峨で出版された版本を指します。

 

また、

嵯峨本は、少部数の製作でしたが、キラキラ光る雲母刷りの用紙を使ったり、様々な色の紙が用いられていたり、意匠が凝らされた美しい装丁だったりと、のちの出版に大きな影響を与えたことで知られています。

とのこと。

 

本阿弥光悦俵屋宗達たちが生きた時代は、戦国時代です。

この時代から、用紙にこだわって本を作っていたのかと思うと、感慨深かったです。

 

そして、

これは、現在で言う写真集や画集・作品集などの豪華限定本です。

表紙に特殊な紙を使い、金で箔押しするという発想は、その後、明治、大正、昭和にかけて続き、現在でも受け継がれています。

 

嵯峨本は、特殊な紙を使い金を箔押しするなど、今より、作りこんだ本のようですね。

一度、生で見てみたくなりました(どこで見られるのだろう??)。 

 

江戸時代からある、出版プロデューサーとベストセラー 

江戸時代で木版印刷による出版が盛んになると、浮世草子黄表紙、洒落本、滑稽本などが出版され、一般にも広く読まれるようになりました。出版元としては、江戸後期の出版プロデューサー蔦屋重三郎がよく知られています。彼は、江戸出版界のヒットメーカー、名プロデューサーとして名を馳せた人物です。

 

蔦屋重三郎は、TSUTAYAの名前の由来になった方ですね。

興味を持ったので、いろいろ調べていると、よくまとめられたサイトがありました。

ご参考まで。

 

intojapanwaraku.com

 

また、本書で、蔦屋重三郎は、

企画、制作、販売を一手に仕切り、大ヒット作を量産しただけでなく、自ら多くの新人を発掘して人気作家に育て上げました。

と紹介されています。

 

そして、蔦屋重三郎の時代、

江戸時代では、ベストセラーに似たような言葉として「千部振舞」という習慣があったとか。1000部売れたら、本屋さんは総出で氏神さまへお参りに行ったそうです。

とのこと。

 

このような方々がいて、今の日本の出版界があるのだなと想いを馳せました。

 

3.現在の多様な読書会

最近、下記のように、読書会がいろいろな形で開催されていると知りました。

系読。関係のある書籍を系統だてて学ぶ読書。

妄読。内容を妄想して語り合う、読まない読書。

交読。お互いに本の内容を紹介し合う読書。

 

先日、ブログでも書いた「ビブリオバトル」もそうですが、

多くの方と、本への思いや感想を共有できる機会が増えているのは良いですね。 

 

editorbookreview.hatenablog.com

 

以前に比べると、書店の数も少なくなり、書店で本に出合う機会が減ってきました。

このような読書会は、出版社でも積極的に開催していってもいいのかもしれません。

 

4.検索しやすい参考文献の表記

参考文献の表記が良かったので、ここで紹介します。

 

本文の最後に 

「本」の全てを知るためのブックガイド

として、下記のようなカテゴリーを立てて、ブックリストを挙げていました。

これが参考文献も兼ねています。

 

・本の世界史を学ぶ

・本の日本史を学ぶ

・世界の本屋さんについて学ぶ

・日本の本屋さんについて学ぶ

・図書館について学ぶ

・本の読み方について学ぶ

・紙・製本・装丁などの本の知識を学ぶ

・「本」にまつわるおすすめ本

 

検索もしやすいですし、良いですね。

 

5.参考になった点

・読書会は、本と読者をつなぐ良い会。

・昔の出版や出版プロデューサーから学ぶことも多い。

・参考文献を、カテゴリーを立てて整理する見せ方は良いな。