編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

『純情ヨーロッパ 呑んで、祈って、脱いでみて』(ダイヤモンドビッグ社)の読書感想文

たかのてるこ(著) 

2016年9月出版/1408円(税込み)/

四六判/1色刷り(一部カラー)/表紙カバーあり/

336頁/右開き/文字は縦組み/

柱:章タイトル(国名・地名のみ)が左上に

 

<出版社>

純情ヨーロッパ 呑んで、祈って、脱いでみて 西欧&北欧編

純情ヨーロッパ 呑んで、祈って、脱いでみて 西欧&北欧編

  • 作者:たかの てるこ
  • 発売日: 2016/10/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

Amazon

 

コロナ禍で、海外旅行ができません。

今年のGWは並びの良い休みだったのに…と思いながら、旅行好きの私、特にヨーロッパ旅行好きの私は、本書を手に取りました。

 

手に取って知ったのですが、本書の著者は『ガンジス河でバタフライ』の著者でもありました。

この書籍のドラマ版を見ましたが、宮藤官九郎の脚本も相まって、すごくワクワクしたのを覚えています。

 

<目次> 

 

1.内容

本書は、個性豊かな著者がヨーロッパを一人旅し、現地の人々と交流していく話です。

奥ゆかしい日本人とは異なり、どんどん現地の人の輪に入っていく著者は、大変魅力的で、軽快で愉快な読み物でした。

 

Amazonに目次の抜粋が載っています。

 

◎スペイン ★ 深夜0時開店! 「フラメンコバー」の歌&踊りに店内大合唱♬

◎パリ ★ 純情ゲイカップルの宿で、「史上最強のセックス談義」

ポルトガル ★ 美しい漁師町で「ミニスカの可愛いバアちゃん」を激写!

◎イタリア ★ 33歳まで処女だった友が「ミラクル国際結婚」した謎に迫る

◎ドイツ ★ 絶景! 「古城ユースホステル」で柔道同好会とビール宴会♪

デンマーク ★ 66人(!)男女相部屋の、お洒落ゲストハウス体験

モナコ公国 ★「セレブ気分の海洋療法」のハズが、ケツめがけて放水! ほか

 

インパクトある目次ですね。

 

個人的には、スペインのフラメンコバーも行ってみたいし、モナコ公国エステも受けてみたいな…と。

いつか行くヨーロッパ旅行のプランの候補として入れようかと夢膨らみました。

 

なお、本書の旅のメインは「ヌーディストビーチに立ち寄ること」です。

これは、なかなかできない、チャレンジできない体験です。

このパートを読むだけでも、驚きの連続でした。

そして、多分、絶対行くことはないと感じました(笑)。

 

全体にわたって、著者の明るさが前面に出て、眉をひそめそうな話題でも、おもしろおかしく、読みすすめられました。

まるで著者とお茶をしながら、著者の旅行のおみやげ話を聞いているかのような感じです。

 

その中、響く言葉がちらほらと。例えば・・・

 

考えてみれば、道にも迷わずに、すいすい目的地にたどり着いてしまうと、人に道を聞くこともないし、濃厚な旅にはならないよなぁと思う。そしてそれは、人生とて同じく、難が有るから“有難い人生”だと思えるのであって、難が無ければ、それは単に“無難な人生”だろう。

 

など。

 

おもしろおかしな旅の話の合間に、ときおり登場するギャップのあるこのような言葉。

グッときました。

 

2.デザイン

インパクトのある写真を1枚敷いた表紙は、目をひきますね。

また、この本の売り!?のヌーディストビーチの写真が全面に敷かれています。

 

中に進むと、著者の旅行写真が、カラー写真でたくさんちりばめられています。

人物が中心の写真で、しかも、笑顔の写真だらけ。笑顔っていいもんですね。

改めて、感じました。

 

3.まとめ

・エッセイや旅行記は、個性が大事。

・ただ、個性を引き立てる表現力も重要。

・笑顔の写真は、ひきになる。