編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

『仕事と人生』(講談社現代新書)の読書感想文

西川 善文(著)

2021年3月出版/945円(税込み)/新書判/1色刷り/表紙カバーあり/

192頁/右開き/文字は縦組み/1ページ38文字×14行/

柱:左下、ノンブル横、章タイトルのみ

 

<出版社>

bookclub.kodansha.co.jp

 

Amazon

 

<目次>

 

1. 本の概要

西川善文氏は、帯にも大きく載っていますが「ラストバンカー」と呼ばれる方。

 

本書は、住友銀行入社から三井住友銀行頭取・三井住友フィナンシャルグループ代表取締役社長までの、西川氏の仕事振りと仕事への考え方が垣間見れる内容です。

 

第一章 評価される人

第二章 成長する人

第三章 部下がついてくる人

第四章 仕事ができる人

第五章 成果を出す人

第六章 危機に強い人

と展開され、参考になるものばかりでした。

 

2.混乱期の乗り越え方

本書には、著者の実体験を踏まえ、仕事への考え方を教えてくれます。

 

・ものごとをシンプルに考える

・一つ上の立場で考えるかどうかで差がつく

・常に現場を見る

・特別な人脈より有効な人脈を持つ

・成功ではなく苦労に学ぶ

・見切りをつける

など、他業種の私でも役立つ内容です。

 

また西川氏は、

平時と言えるのは丸ノ内支店長を務めた一年間くらいで、あとは、ずっと動乱期ばかりだ。

と振り返るほど、バブル崩壊や金融ビックバンの時代を駆け抜けてこられました。

 

今も、コロナで大変な時代ですが、「危機を突破するには」という観点で読むと、いろいろなヒントを得たように思います。

個人的には、危機突破力は、仕事に対し真摯な姿勢と強い決断ではないかと感じました。

DMM FXは初心者向け