編集者の読書感想文

以前は雑誌の編集をし、今は書籍の編集をしています。 良書を出版するために、日々、勉強中。書籍を読み漁っている中から、気づきを綴ります。

『感染症対人類の世界史』(ポプラ社)の読書感想文

池上 彰、増田 ユリヤ(著)

2020年4月出版/946円(税込み)/新書判/1色刷り/表紙カバーあり/

本文14Q/242頁/右開き/文字は縦組み/1ページ35文字×14行/

柱:章タイトルだけ、左上ページ 

www.poplar.co.jp

 

新型コロナウイルスの流行で、感染症をテーマにしたテレビの特番が増えました。

その中でも印象に残っているのは、本書の著者である二人が出演されていた番組です。

本も出されていると知り、手に取りました。

テレビもそうですが、本書も大変わかりやすかったです。

 

<目次>

 

1.企画・内容

第1章 シルクロードが運んだ病原菌

第2章 世界史をつくった感染症天然痘

第3章 世界を震え上がらせた感染症―ペスト

第4章 感染症が世界を変えた―日本編

第5章 世界大戦を早めた「スペイン風邪

第6章 人類の反撃始まる

第7章 今も続く感染症との闘い

といった内容で、対談形式で、話は繰り広げられています。

 

豊富な知識を持った二人だからこそ、できる内容だと感じました。

まるで特別レクチャーを受けている感じで、簡単に気軽に、感染症の歴史がわかります。

 

本書より、いつの時代も人の移動や交流とともに、ウイルスの感染が広がっているのだなと痛感しました。

 

まだまだ、新型コロナウイルスが落ち着かない今、本書から得た下記の言葉を胸に、気を引き締めていきたいです。

 

人間も自然の一部ですから謙虚さは必要です。

 

基礎的な教養を身につけることが、インフォデミックに対する“ワクチン”になる

 

生きる希望は歴史の中にあり

 

歴史などから生きる知恵を学び、正しい知識をもって冷静に現状と向き合い、謙虚に生きていきたいものです。

 

2.デザイン・組版・印刷・製本

テレビ番組の企画をきっかけに緊急出版に至りました。番組のオンエアから2週間足らずで原稿を仕上げ、まずは電子書籍で、続いて一般の書籍として世に送り出しました。

 

短期間で書籍化された企画だそうです。

 

対談を書籍化するのは、早く出版できますが、2週間はすごいですね。

対談を録音して、文字起こしをして、内容を整えて、校正して、修正して……印刷して……出版です。

 

新書は、いつもこのようなスケジュールなんでしょうか?

確かに、1か月にたくさんの新書を出す出版社もあります。

 

本書は、テレビ局側3名、出版社側3名のチームで制作されたようです。

制作に複数の人が関わり、1色刷りの文章だけだからできるのかもしれませんが、私にとっては、ドキドキするスケジュールです。

 

ただ「必要な時に、必要なテーマの書籍を売る」という強い想いが感じ取れました。

 

3.まとめ

・対談ものは、旬なテーマの書籍を作るときに良いかも。

・ただし、対談する人は、しっかりとした知識人でなければならない。