編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

『博報堂スピーチライターが教える 5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』(大和出版)の読書感想文

ひきた よしあき(著)

2019年4月出版/1650円(税込み)/四六判/2色刷り/表紙カバーあり/

本文14Q/208頁/右開き/文字は縦組み/1ページ38文字×15行/

柱:章(Day)タイトルだけ、左ページノンブル横

5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本-ひきたよしあき -大和出版

 

Amazon

 

気に入って、何回か読み返しています。

 

そもそも本書は、タイトルに惹かれて、手にとりました。

博報堂」「5日間」という言葉が効いていますね。

 

また立ち読みしますと、デザインも凝っています。

じっくり読みたくなりましたので、購入しました。

 

<目次>

 

1.企画・内容

構成も、凝っています。

 

ある会社の広報部の新人(山崎 大)が、広告会社に勤めながら、大学でも教えている先生に、いろいろ相談していくといった、根幹となるストーリーがあります。

 

基本は「新人からの質問に対して、先生が答える」メールのやりとりになっていて、

 

Day1 頭にあるものを知る

Day2 考える習慣をつける

Day3 論理的に発想する力をつける

Day4 真に伝わる表現力を磨く

Day5 言葉に説得力を持たせる

 

と、話が広がっています。

 

よくQ&Aを切り口にした書籍を見かけますが、本書は、質問に「question」、答えに「method」を頭につけています。

単純に、Q&Aとしていないのも凝っていますね。

 

また、Q&Aが続く中、途中に「著者の解説」がいくつか入っています。

ストーリー仕立てなので、ぼやけそうな大事なことを、著者の言葉で、しっかりとまとめてくれているページです。

こういうページがあると、あとで振り返りやすいですね。

 

読後、Day1~5をそのまま実践していくと、良い宣伝文が書けそうな気がしました。

特に、著者が博報堂で働いているとのことで、より説得力が増します。

 

なお、広報としての文章作成はもちろん、私は、企画を立てる際に、本書の内容は活かせそうだと感じました。

 

例えば、

「〇〇という考え方」は、「言葉の戦略化」と名づけていた。(中略)どんどん新しい仮説を立てていくイメージだね。(中略)こうすると、狙いがハッキリしてくる。

狙いとは、「切り口」ということだ。「コンセプト」の意味だ。

「〇〇という考え方」を口グセにするだけで、戦略脳が作れるんだ。

 

トヨタ生産方式”の生みの親である元副社長の大野耐一さんが考案した「5つのWHY」(中略)「なぜ?」に的確に答えるためには、大くん自身が何度も「なぜ?」と問う必要がある。それも5回問い続けるんだよ。(中略)5つのWHYで核心に迫れば、言い逃れできない答えが見つかる

 

ドイツの哲学者ヘーゲルの「弁証法」という考え方(中略)「意見」と「反対意見」を調整して、三角形の頂点に「高い次元の意見」を作る。(中略)高い次元の意見を考えることが、弁証法的なものの考え方なんだ。

 

こういう思考も、仕事に活かしていきたいと思いました。

 

2.デザイン・組版・印刷・製本

黄色と黒色の2色刷りです。黄色は、華やかで若々しい感じが出ますね。

本書は、広告部の新人が主人公ですので、この色の選択は良いなと思いました。

 

また見返しの紙も、黄色できれいです。しかも、少し透け感があります。

何という紙なんだろう? 使ってみたい紙でした。

 

あと、本文の文字の書体も、ストーリー部分と著者の解説部分は、異なった書体を使っており、読んでいる最中、どの部分を読んでいるか迷わなくてよかったです。

 

なお、書体は、おそらく、ストーリー部分は明朝、著者の解説部分はUDゴシックかと思います。

 

3.まとめ

・その道のプロの話は、説得力がある。

・Q&Aの切り口も、アレンジすれば楽しい構成になる。

・コンセプトが違うなら、本文の書体を変えると良い。