編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

2021-04-08から1日間の記事一覧

コロナ禍に読んでよかった『復活の日』(小松左京)の読書感想文

小松左京(著) 1975年10月初版/836円(税込み)/文庫判/1色刷り/表紙カバーあり/ 464頁/右開き/文字は縦組み/1ページ40文字×18行 柱:左上、ノンブル横、章タイトルのみ <出版社> www.kadokawa.co.jp <Amazon> 復活の日 (角川文庫) 作者:小松…