編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

2021-03-14から1日間の記事一覧

『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社)の読書感想文

岸見 一郎/古賀 史健(著) 2013年12月出版/1650円(税込み)/四六判/ 1色刷り/表紙カバーあり/ 本文14Q/296頁/右開き/文字は縦組み/1ページ43文字×17行/ 柱:章番号(第一夜等)と 端的な概要(例:アドラー心理学について、トラウマについて等…