編集者の読書感想文

書籍編集者の読書感想文です。良書を出版するために、ベストセラーのヒントをつかむために、書籍を読み漁っています。編集者としての気づきや気に入ったトピックなどをシェアします。たまに、話題がずれますが。

ドラマの原作『ソロ活女子のススメ』(大和書房)の読書感想文

朝井麻由美(著) 

2019年3月出版/1540円/四六判/2色刷り/表紙カバーあり/

本文14Q/208頁/右開き/文字は縦組み/1ページ39文字×15行

柱:章タイトル:右ページ、ノンブル横

(ただし、ノンブルが本を綴じている側にあり)

 

<出版社>

www.daiwashobo.co.jp

 

Amazon

 

本書は、テレビ東京で、ドラマ化されていました。

www.tv-tokyo.co.jp

 

かなり気に入って、毎週楽しみに見ていました。

その原作だったので、手にとってみました。

 

<目次>

 

1.「恥ずかしい」は気の持ちよう

 

私自身、昔から、ソロ活をしていました。

本書にも書いていますが、やりたいことを思う存分に楽しめるのは、ソロ活の魅力です。

 

ただソロ活は、「恥ずかしい」という気持ちが芽生えるのも事実。

でも本書では、この「恥ずかしい」は気の持ちようということで、恥ずかしくならない気の持ちようも教えてくれます。

 

たとえば、飲食店にいるときは、「フードライターとして取材の一環で一人なのだ」と思うと良いそうです。

このような発想を知るのも、おもしろかったです。

 

2.ソロ活ができるテーマがわかる

 

4章は「オススメソロ活30選」として、ソロ活ができるテーマが載っています。

著者の体験とともに、難易度・孤独度の指標もあり、興味深いです。

 

私がやってみたいなと思ったのは、以下のソロ活。

 

ひとりプラネタリウム

ひとり盆栽

ひとりバー

ひとりオクトーバーフェスト

ひとりビアガーデン

 

気づけば、飲むことばかり(最近、外食していないので、欲しているのかな?)

 

ただ、ドラマを見ていた身として残念だったのが、「具体的に、どこで、それができるのか、書いていない」点です。

ドラマでは、撮影場所が最後に紹介されていましたので。

 

でも、全国販売の書籍では、そのような情報は入れられないですね。

そのような旬な情報は、インターネットか雑誌で探すとします。

 

3.ソロ活のサイト

 

本書の最後に、著者も執筆されているサイトの紹介がありました。

 

その名も「ソロ活」というサイト。

www.enjoytokyo.jp

 

主に東京のソロ活スポットが載っていました。

私は東京に住んでいないので、住んでいるエリアで、このようなサイトがないか調べると・・・。

意外と、まとまっているサイトはありませんね。

 

インスタグラムを見ても、「#ソロ活」も、そんなに出てきません。

 

そう思うと、ソロ活は、まだまだ市民権を得られていないのかなと感じました。

 

4.私の周りのソロ活の達人

 

余談ですが、最近、私の友人は、ソロ活として、ドラマや映画のエキストラをしています。

いろいろなソロ活があるんですね。

 

本書を読んで、私も一人であっても、興味があることなど、いろいろなことに、挑戦していきたいなと思いました。

 

また、本の企画としては、今後広がるかもしれない話題を、先駆者に書いてもらうのは良いですね。

『「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」さて、どうする?』(クロスメディア・パブリッシング)の読書感想文

上村 紀夫 (著)

2020年3月出版/1738円/四六判/2色刷り/表紙カバーあり/

本文14Q/272頁/右開き/文字は縦組み/1ページ41文字×16行/

柱:右ページ・右上に書名、左ページ・ノンブル横に章タイトル

 

Amazon

 

タイトルは、インパクトがありますね。

たしかに、会社にぶら下がる人っていますね。

 

<目次>

 

1.人事に悩んだらお勧めの1冊

 

本書は、良い人材が入ってこない、良い人材が辞めていく・・・など、人事に悩む人は、ぜひ読むべきです。

 

最近、終身雇用制はなくなり、情勢や業績に応じて、リストラがあったりしますね。

私も、雑誌の休刊もあり、転職した一人です。

 

社会人も長くなりましたので、いろいろな人や会社を見ていると、

どの会社でも、優秀な人がポンと退職されている印象です。

また、まじめな方が、体を壊し辞めていくことも、よく見られます。

そして残るは、本書でいう「ぶら下がる人」。

日本社会は、今、このような状況が多そうです。

 

「ぶら下がる人」が大手を振っていると、やはり周りの士気を下げます。

本書は、この問題も解決してくれます。

 

著者は、経営コンサルトであり、産業医です。

2つの職種(視点)から「人事」を捉えられておられます。

 

本書には、著者の経験を踏まえ、人材の分類、マイナス感情や離職タイプの分析が載っており、問題があったとき、どのような対処をしていくべきか説いています。

 

「働きやすさ」を追求すると、「ぶら下がる人」たちが出てくるとは!?

非常に納得できました。

 

そして、うまく評価制度を作ると、うまく人材を活かせることもわかりました。

また、採用も、会社の価値観を踏まえて採用しないといけないなと、痛感しました。

 

2.ケースが秀逸

 

問題となる例を挙げ、それに対し、解説と対策が載っています。

理解を深めるために、実践するために、例を挙げておられますが、これが良いところをついています。

 

ここで、ケースのタイトルを少しご紹介しますね。

 

・忙しすぎて精神限界 -業務負荷によるマイナス感情の蓄積-

・これって働き方改悪? -労働時間削減によるマイナス感情の蓄積-

・管理職って断れますか? -昇格によるマイナス感情の蓄積-

・石の上に三年もいられません -配属によるマイナス感情の蓄積-

・『砂の城』系組織 -ストレス耐性低めの社員が多い会社-

・『ぬるま湯』系組織 -「働きがい」を意識せず「働きやすさ」を過度の追及する会社-

 

「あるある」と思うケースが多かったです。

例で共感を生む内容は、引き込まれるのだなと感じました。

 

3.奥付をみると

 

発行:株式会社クロスメディア・パブリッシング

発売:株式会社インプレス

とありました。

 

本の企画制作は、株式会社クロスメディア・パブリッシングで

本の流通を担っているのが、株式会社インプレスのようです。

 

どういう関係性なのかなと思い、インプレスのHPを見ますと、インプレスクロスメディア・パブリッシングは、パートナー出版とありました。

 

インプレスは、いろいろな出版社を子会社に持ち、いろいろな出版社とパートナーとなっているようです。

 

出版社は中小企業が多いのですが、このようにいろいろな出版社がグループとなって集まっているのは、おもしろいですね。

 

また、インプレスR&Dでは、自費出版とは異なった形の、個人などが出版できるサービスをされいました。

株式会社インプレスR&D|POD技術を活用した出版サービスを提供する会社

 

出版社の形も変わってきているなと痛感しました。

『精神科医Tomyが教える 1秒で悩みが吹き飛ぶ言葉』(ダイヤモンド社)の読書感想文

精神科医Tomy(著)

2020年8月出版/1430円/四六判/2色刷り/表紙カバーあり/

256頁/右開き/文字は縦組み/

柱:なし

 

<出版社>

www.diamond.co.jp

 

Amazon

 

人気と聞き、手に取りました。

著者のTwitterをまとめた本で、1ページに1格言といった形式で展開しています。

気軽に読みやすい本です。

 

<目次>

 

1.心あたたまる内容

 

精神科医Tomy先生は、ゲイ。

今までに、そのことを支えてくれた父やパートナーの死もあったそうです。

そのような苦しい時にストックしていた言葉を、Twitterで発信され、本にまとめられました。

 

本書は

Chapter1 最大の仕返しは気にしないことよ

Chapter2 ほとんどの悩みは後で笑い話になるのよ

Chapter3 失礼な人は近づけてはいけないわ

Chapter4 思い通りに行かないって素敵なことよ

と展開しています。

 

まるで、ポエムを読んでいるかのようで、読後、あたたかい気持ちになりました。

 

2.検索しやすい本の構造

 

各Chapter内は、1ページに1格言。

そして、その1格言ごとに、「忘れる」「批判」「抑圧」などの1テーマ(1見出し)があり、後から振り返りやすい作りになっています。

 

また、Chapter1(P.1~64)は、緑と黒の2色刷り、

Chapter2(P.65~128)は、赤と黒の2色刷り、

Chapter3(P.129~192)は、紫と黒の2色刷り、

Chapter4(P.193~256)は、オレンジと黒の2色刷り、

になっています。

 

Chapterごとに色が分かれており、後から振り返る時に、探しやすいですね。

また、2色刷りですが、カラフルな感じが出て、楽しい雰囲気が出ています。

そして、各Chapterが、うまく16の倍数のページ数でまとめられ、印刷工程もばっちりですね。

 

3.人気シリーズもうなずける

 

内容もさることながら、本の作りも凝っておられます。

やはり内容に加え、最近はデザイン性の高い紙面が、人気になるのかな?

勉強になりました。

 

また、人気を物語るように、シリーズ化されていますね。

他も、読んでみようと思います。

 

 

 

 

終息まで、今はどのあたり? 『ペスト』(新潮社)の読書感想文

カミュ(著) 、宮崎嶺雄(訳)

1969年11月出版/825円/文庫判/1色刷り/表紙カバーあり/

476頁/右開き/文字は縦組み/1ページ38文字×16行/

柱:本のタイトルが上辺に

 

<出版社>

www.shinchosha.co.jp

 

Amazon

 

今、よく読まれている小説と聞き、本書を手に取りました。

 

ただ、スッと読める文体ではなく、見出しもなかったので、はじめは読みにくかったです。

この点が、昔の小説と今の小説の違いですね。

 

また、ペストとコロナの状況を照らし合わせながら読みました。

大変興味深かったです。

 

<目次>

 

1.ストーリー

 

ペスト流行時の医師リウーの体験談になります。

感染の始まりから収束までを、克明に伝えています。

 

ペストの流行は、ネズミの死骸をよく見かけるようになったところから始まります。

その原因がペストだと認定。町は封鎖されます。

 

やがて町中で、不満の出る人が続出し、気狂いも現れます。

また、街を出ようとする自己中心的な人も現れます。

 

しかし、ペストがますます広まると、人々の中に、あきらめモードが漂います。

その中、ある人は、もっと悪い所があるから自分はマシだと慰めたり、ある人は、自暴自棄になったり・・・。

 

そして、人々の中に、もう終息しないのではないかと思い始めた頃、ペストの患者数が減っているニュースが入ります。

 

2.今と重なる部分

 

感染拡大当初の対応

ネズミの死骸より、ペストと疑われた頃、知事などは事実を認めず、市民に知らせようとしない場面がありました。

中国で感染が拡大した頃の、WHOの対応を思い出しました。

 

町の封鎖

ペストと認定した後、町を封鎖しています。

諸外国がロックダウンをしていたのを思い出しました。

 

墓問題

死者が増えてくると、墓問題も。

ブラジルの集団墓地を作っているニュースを思い出しました。

 

これ以外も、いろいろ重なる部分がありました。

なんだか、今のコロナの情勢を見ているようでした。

 

3.現状は、どのあたり?

 

重なる部分が多いので、今、この段階なのかなと、勝手に推測。

今、約400ページ中の200ページ台かな?

そう思うと、まだ、小説の半分ぐらいの位置です。

 

なお、ペストは何が功を奏したのか不明ですが、終息していったそうです。

コロナもそんな感じに終息するのかな?

 

4.歴史小説って良いもんだな

 

歴史を小説で触れると、フィクション部分もありますが、理解が進みますね。

また、先人の行動など、いろいろなことが学べます。

本書では、感染が拡大する中での、人々の行動や心の変化も、勉強になりました。

 

悲しみの乗り越え方を知る『まほうのほうせきばこ』(金の星社)の読書感想文

吉富多美(作)/小泉晃子(絵) 

2017年6月出版/1320円/A5判/1色刷り/表紙カバーあり/

本文28Q/95頁/右開き/文字は縦組み/1ページ最大23文字×8行

 

<出版社>

www.kinnohoshi.co.jp

 

Amazon

 

姪っ子が良いお話だったというので、姪っ子に借りて、読んでみました。

児童書って、読むの何年ぶりだろう・・・。ワクワクしながら読みました。

 

<目次>

 

1.あらすじは?

 

主人公はユウナ。ある日、ユウナの祖父が急に亡くなります。

その変化に戸惑うユウナは、繊細に。

その後、学校で「死ね!」という言葉を言われ傷ついたり、祖父と同い年ぐらいの子が一緒に歩いているのを見るだけで悲しくなったり。

やがて、ユウナは学校に行けなくなります。不登校です。

それを克服するために、母親は「まほうのほうせきばこ」を渡します。

さて、どのようにユウナは、元気を取り戻していくのでしょうか?

ネタばれになるので、ここまでにしますね。

 

2.この本のメッセージ

 

この本では、

・誰にでも、身近な人の死を迎えること

・「死ね」という言葉を簡単には使ってはいけないこと

・誰にでも不登校になってしまう可能性があること

・悲しいことなどの乗り越え方

を教えてくれています。

 

3.進化をしている!? 児童書

 

読後は、意外と深い内容で、ビックリしています。

 

私の子供のころは、昔話や伝記、

あと「こまったさん」「わかったさん」シリーズなどをよく読んでいましたね。

 

いつから、こんなメッセージ性があるようになったのでしょうか?

それとも、読んでいなかっただけでしょうか?

 

また、姪っ子が勧めてきたことにも、ビックリです。

いつまでも、子ども扱いはいけませんね。

 

たまには、いつもと違うジャンルを読むのも良いですね。

児童書、恐れ入りました。

 

『日本電産永守重信社長からのファクス42枚』(プレジデント社)の読書感想文

川勝宣昭(著) 

2016年11月出版/1760円/四六判/1色刷り/表紙カバーあり/

本文14Q/216頁/左開き/文字は横組み/1ページ26文字×23行

柱:章タイトル:右ページ、ノンブル横

 

<出版社>

presidentstore.jp

 

Amazon

 

本棚にさしてありましたが、タイトル文字がキラキラと輝き、目に飛び込んできました。

その文字は「日本電産 永守重信」。

日本を代表するカリスマ経営者の一人ですね。

投資をしていると、「日本電産」の名をよく聞きます。

不況でも強い会社という印象があります。

中を見ると、読みやすそうな構成でしたので、手にとりました。

 

<目次>

 

1.本書の構成 

42枚の永守社長の熱いメッセージをベースに展開され、その経営手腕を垣間見た気がしました。

本当に、熱血な経営者なんですね。

不況に強い理由もわかったような気がします。

 

2.日本電産日産自動車

著者は、日本電産で働いたことのある経営コンサルトです。

日本電産の前は、日産自動車で働いておられ、その比較もおもしろかったです。

 

その比較で大変興味深かったのは、FAX27枚目の

「営業が機関車になって引っ張り、工場・開発は営業を支援する。そういう会社づくりをやれ」です。

 

日産自動車は、開発・製造は1軍の部隊、営業は2軍の部隊だそうです。

なので、開発・製造部門は

俺たちがつくったものを、営業は売ってくればいいんだ

という感覚があるそうです。

 

これは、出版社でもありがちな構図だなと思いました。

 

一方、日本電産は、営業が1軍で、開発・製造が2軍だそうです。

営業が、単に製造を従って後ろをついていくのではなく、逆に、機関車として生産を引っ張る

という立場で、 これは、

マーケットイン型の企業文化。外の世界、顧客と最も接している営業の存在を重視

しているそうです。

 

この比較を見ていると、日産自動車は今までの日本の会社で、日本電産は今、海外で勢いのある会社のように感じました。

 

3.気に入ったメッセージ

最近、コロナ禍で、会社がギクシャクする時があります。

 

FAX37枚目「『マンネリ、油断、驕り、妥協、怠慢、諦め』が会社をおかしくする」は、ハッとさせられ、いろいろと考えさせられました。

 

コロナだからと諦めている雰囲気がありますが、これで、全てを片づけてしまってはいけないなと痛感しました。

 

また、会社を変えるのは、意識改革だと、本書でうたっています。

 

FAX4枚目の「能力差5倍、意識差100倍」

FAX5枚目の「意識改革を徹底せよ。それが企業カルチャーになるまで」

FAX22枚目の「2割の社員の支持があれば、改革は成功する」

FAX35枚目の「経営者とその社員の士気の高さこそが、企業にとって最大の財産。不安なときこそ、それを思い出したほうがいい」

は、大変参考になりました。

 

なお、本書では、社員を

問題意識が高く、リーダーの改革に積極的に呼応する火ダネ社員

大勢が変わればそちらに引っ張られるが、普段は動かない様子見社員

改革を常に冷ややかな目で見ているシラケ社員ないし抵抗勢力

と分類しています。

火ダネ社員をもっと燃えさせ、様子見社員も燃えさせると、改革ができるそうです。

 

4.絶妙な方程式

FAX23枚目「訪問件数を月100円にせよ」で、下記のような方程式が載っていました。

売上高=訪問件数×受注率(受注件数/訪問件数)×受注単価(売上高/受注件数)

訪問件数を上げれば、売り上げも上がるという考えです。

 

この方程式は、出版でも応用できますね。 

 

「売上高=出版点数×購読率(購読冊数/出版点数)×売上単価(売上高/購読冊数)」

 

よく出版社では、出版点数を多く出すよう言われ、ノルマもあったりします。

この方程式でいう訪問件数を上げることと、一緒なのかなと思いました。

 

そして、売上高が頭打ちで、今の人員で出版点数をこれ以上増やせない場合は、売上単価を上げるという選択肢も出てきます。

 

最近、鈍器本など、ボリュームのある書籍で、定価の高い書籍が出てくるようになりました。

このようにこれからは、売上単価を上げる良書を作ることにも目を向けたほうがいいのかなと感じました。

 

5.表紙

冒頭でもお伝えしたとおり、タイトルのキラキラ文字が効果的ですね。

ひきのある言葉には、このようなキラキラのインクを使っても良いかなと思いました。 

『武器としての図で考える習慣: 「抽象化思考」のレッスン』(東洋経済新報社)

平井孝志(著) 

2020年7月出版/1760円(税込み)/四六判/1色刷り/表紙カバーあり/

本文14Q/280頁/右開き/文字は縦組み/1ページ39文字×16行

柱:PARTタイトル:右ページ、ノンブル横、章タイトル:左ページ、ノンブル横

 

<出版社>

str.toyokeizai.net

 

Amazon

 

最近、「インフォグラフィック」という言葉をよく聞きます。

本の制作時にも役立つと考え、勉強しようと、タイトルにつられて、手に取りました。

 

ただ、これは、インフォグラフィックを解説したものではなかったです・・・。

早とちりのタイトル買い・・・、悲しい(汗)。

 

でも、アイデアを生み出す工程のヒントをもらえましたので、読んでよかったです。

 

<目次>

 

1.本の概要

 

著者は、元経営コンサルトタントです。

その経験を踏まえて、アイデアを図にまとめる方法を教えてくれています。

 

本書のキモは、「何かを考える際、図に書き起こして考えると、整理できて、深く考えられる」ということ。

 

本の流れは・・・

 

序章 図で考えると仕事も人生もうまくいく

 

PART1 基礎編

第1章 なぜ図を使うと考えが深まるのか

第2章 「概念図」を描いて考えてみよう

 

PART2 実践編

第3章 使える型①ピラミッド

第4章 使える型②田の字

第5章 使える型③矢バネ

第6章 使える型④ループ

第7章 図で考える達人になる

 

という構成です。

 

イデアをまとめる際、

「ピラミッド」→論理構造を捉える

「田の字」→全体を捉える

「矢バネ」→流れ・動きを捉える

「ループ」→ダイナミズムを読み解く

の図を使うと良いそうです。

 

2.どこかで読んだ内容が

 

以前、『1分で話せ』という本を読みました。

『1分で話せ』では、本書で紹介されているピラミッド型を使ったお話でした。

 

editorbookreview.hatenablog.com

 

それに比べると本書は、ピラミッドをはじめ、他の手法にも言及され、深い読み物です。

ただ、このような思考に慣れるまでは、少し時間がかかりそうだと思いました。

1回、どこかで体感すれば、理解が早いのかもしれませんが、本書だけでは、少しピンとこないこともありました。

 

そのため、本書は、このような思考に少し触れたことがある人向けの書籍かなと思いました。

 

3.今後の本づくりで活かせそうなこと

 

目次の立て方が良いですね。

PARTの区切りがあることで、章立てが生きていますね。

 

またPART扉と章扉を立てています。

そしてデザインも、PART扉は黒を基調とした扉で、PARTの本文はグレー地に本文が載っているので、章扉と章の本文と、差がハッキリ出ています。

わかりやすい構成になっているなと感じました。

 

章立ての上に、PARTでの区切り、使えますね。